ハンドメイドで大型犬用ベッドを作る方法

寒さに強いわんちゃんですが、やはり人間と同じようにふわふわのあったかいベッドで眠ることは大好き。犬は一日の大半を寝て過ごすため、人間以上にベッド選びは重要です。もちろんペットショップにもさまざまなタイプの商品が売られてはいますが、大型犬用ともなるとお値段も結構します。できるだけコストを掛けずに大型犬用ベッドをということになるとやはり手作りが一番。自分の作ったものの上で気持ち良さそうに眠っている大型犬の姿を見ることができれば、飼い主冥利に尽きるでしょう。ハンドメイドなんて敷居が高いと思っている方も多いでしょうが、インターネットで調べてみてください。こだわって作る大掛かりなものから、市販品を上手く利用してミシンも使わずに作れるような簡単なものまでさまざまあります。

作る際の注意点について見てみよう

これから毎日使用するものですから、洗い安さは重要です。たとえ室内犬でもお散歩で外に出ますし、よだれを垂らしたりもするので必ず汚れてきます。きちんとしつけていれば、そこでおしっこをされることはないでしょうが、それでもあらゆる汚れにさらされることになるのです。とはいえ、クッション部分を洗うとなると大仕事だしなかなか乾きません。大きなサイズだけに2つも3つも替えを作っていたら邪魔でしょうがありません。作る際、できればカバーを付けるようにしてください。そうすれば洗わなければならないのはカバーだけ。クッション部分は干して日光消毒をこまめにしてやれば匂いもつきにくく、いつでも清潔に使用できます。市販品を購入する場合も同じです。カバー付き商品を選びましょう。

好みや大きさに合わせて作ってやりましょう

どんなに気持ちよい素材でも大型犬が収まらないサイズだと窮屈だったり冷えの原因になったり、それにサイズはピッタリでもさわり心地が良くなければ寝心地が良いとは言えません。犬の大きさ・好みに合わせて作ってあげましょう。最も手軽な作り方なら、シングルサイズの敷き布団を半分にたたんでカバーをつけてやるだけで完成です。人間用の介護シーツやおねしょシーツをカバーにすればたとえ尿漏れが気になるシニアの子でも快適に眠ることができます。ハンドメイドというと構えてしまうでしょうが、その程度のものでも十分なのです。大切なのはわんちゃんがそこで快適な生活ができるかどうか。カバーもマイクロファイバーなどにするとさわり心地が良く気持ちいいでしょう。作った後は、こまめに洗ったり干したりして清潔に保ってあげることも重要です。