結婚式にやむなく欠席する際の電報の役割

結婚式に招待されることは、誰しもが人生のなかで何度もあります。兄弟姉妹や友人、同僚や後輩、部下など、さまざまな立場で新郎新婦をお祝いすることになります。しかし、全部の式に出席できるかというとそうでもありません。特に友人の式には適齢期も重なり、日にちや時間が他の式と重なることもあります。そして、自身が妊婦であったりして確実にその日に出席できる保証がないときにも欠席でお願いしておくのがマナーです。せっかく招待してもらってもお断りするのには気が引けますが、電報で祝電を打っておくとスマートです。最近ではメジャーな押し花の電報の他に、かわいいヌイグルミがメッセージを届けてくれるものもあります。お断りされた方もきっと悲しくはないでしょうし、やむ無くの欠席なのだとわかってくれるはずです。受け付けに飾ることもでき、存在感も出ます。

電報を結婚式に贈る時の注意点

電報はお祝いごとで贈ることがあります。例えば、結婚式もその一つです。式に出席できない人が贈るということがよくあります。その際、注意点がいくつかあります。もちろん、送り先を間違えないようにすることが大事です。式場や式の開始時間など、しっかりチェックしてから送るようにすることをお勧めします。ホテルでの式となると、いくつかの部屋で同時間に式が行われていることもあります。部屋を間違えないようにすることが大事です。また、電報の内容も配慮する必要があります。定型文を利用した方が楽です。しかし、これでは独創性がないと言えます。多少はオリジナリティを出すことも大切です。インターネットなどで調べて、お祝いの席にふさわしい文面を作成することをお勧めします。それから、結婚式の電報なので、ある程度の金額をかけることも必要です。台紙は豪華なものを選択します。

結婚式と電報について

携帯電話やパソコンが普及したことで、連絡ツールとしてはメールが一般的になりました。年賀状や暑中見舞い葉書の売り上げが減少しているように、若い世代を中心にデジタル化が進んでいます。ただ、便利な反面味気なさを感じるのも事実です。年末年始の挨拶はしっかり手書きで行いたいですし、それは冠婚葬祭もしかりです。結婚式や葬儀・告別式においてですが、電報を受け取ると相手側の優しさを感じてしまいます。時間が経って見直すことも出来ますし、周囲への感謝の気持ちが込み上げてきます。しかし、そんな気持ちとは裏腹に電報の利用者は少なくなっているようです。これは寂しいことで、もっと利用者が増えて欲しいと願っています。文章のタイプも豊富ですし、人気キャラクターのぬいぐるみを付ける電報もあります。アナログの良さを知って、活用して欲しいです。