大型犬用の手作りベッドの実例集

ペットの飼育では、色々なアイテムが必要となることがあります食事に関することなら、ドッグフードや食器、散歩に関することならリードやウエア、トイレに関することならトイレトレーやペットシーツです。そして、犬の生活の場としてベッドも必要です。ペット用品を取り扱う店舗には、犬用のベッドが多く取り揃えられていますが、大型犬用の物は小型犬用よりも取り扱いが少ないです。それは、体が大きい犬には寝床などは必要ないといっているのではありません。体が大きい分、寝るときに体重を支えるクッションが必要になります。体重がかかることで肘などに座りタコができてしまうことがあるからです。座りタコができないように、ラバークッションを敷くという方法もありますが、犬によっては噛みちぎってしまうこともあるので、犬の体の大きさに合わせた寝床があると良いのです。

とても簡単!大型犬のサイズに対応!

大型犬用のベッドは店頭で扱っていることが少なく、ネットショップの方がすぐに商品を見つけることができます。ですが、一番大きいサイズでも小さすぎてしまうこともあります。また、犬にも好き嫌いがあり、気に入った素材が使われていることもポイントです。サイズ、素材の触り心地、柔らかさなどを選んでいると良いと思えるものが見つからないこともあります。そんな時は手作りをしてしまうことができます。手作りの実例では、人間用の布団を使用する方法が簡単です。シングルサイズの敷布団を半分に折り、シーツで包んでしまうという簡単な物です。新品の布団でなくても、飼い主のおさがりを利用するという方法もあります。シーツで包むことで汚れても手入れが楽です。人間用のおねしょシーツなど防水シーツを利用するとより扱いが簡単です。

中身に注意!洗えるものが便利!

人間用の布団を利用する以外にも実例があります。フリースなどの触り心地が良い生地でカバーとなる形を作ります。中には毛布やタオルなどを詰めます。厚みを出すのが難しいかもしれませんが、中身が綿ではないので、寝床を一生懸命に掘る犬でも安心です。中身の綿を誤飲してしまう心配が少なくなります。小さなタオルは飲み込んでしまうこともあるので、大きな毛布やバスタオルが良いです。綿ではないことのメリットがもう一つあり、それは洗濯ができることです。綿を使用していると洗えないこともありますが、中身が毛布やバスタオルなら簡単に入れ替えができ、洗うこともできます。大型犬用の手作りベッドにはこのような実例があります。アイデア次第で改良することもできます。サイズや費用、手入れの方法なども含め快適に過ごせるようにしてあげることが大切です。

"定期便をご利用いただくと、いつでもポイント6倍、2500円(税込)で送料無料になり大変お得です。 毎月15日は3000円(税込)以上で送料無料デー! 獣医師、しつけのプロが監修した記事など、犬・猫の健康、しつけ、暮らしに関する情報が掲載。 うちの子のペット情報を登録するとおすすめの商品やサイズを教えてくれる便利な機能付き メールでのお問い合わせは、24時間受付中です。 大型犬に合うベッドを選ぼう!ペット用品ならペピイ